ブログ[プレイ日記]

ついにやってきた停滞期、全員攻撃のリスクと対処

 

ども、ゆききちです。
最高のスタートダッシュを見せたチームですが、ついに停滞期がやってきてしまいました( ;´Д`)

 

まぁ、予想してたことなんで、全然驚いてませんが。。・゚・(ノД`)・゚・。
とりあえず、この困難な状況を打開してくれるベストなKPを見つけつつ、チーム全体の底上げを目指します。

 

こんなに苦しい戦いを強いられている中でも、エウゼビオは孤軍奮闘して攻撃陣をけん引。
今回のプレイで不発に終わる攻撃陣でただ一人気を吐くプレイを披露。

 

うん。

 

やっぱ、コスパ良い選手だ。
ジエゴ・コスタがゴールチャンスをたくさん潰し、ベッカムの勘違いしたプレー。

 

あれほど良かったのに、なぜなんだろう…
まぁ、指導者として選手たちと真剣に向き合いながら、ロッカールーム内を静かに保つべく。

 

全員攻撃のリスクと対策

 

やっと揃ったスカッドですが、全員攻撃に大きく期待を寄せていたけど、、、、
今まで敬遠してたKP。

 

初体験

 

というやつです。
お恥ずかしい話。

 

まだ、使ったことない監督さんに参考になる変わりませんが、ちょっとだけ感じたことをお話しします。
ゆききちは、チーム全体に組織として戦うことを選手たちに言い聞かせています。

 

全員攻撃を発動した時点で、選手個々が相手ゴールに向かうよう動くので、ラインが大きく崩れる。
個の力で戦うことを好む監督さんにとっては、大きなメリットかもしれません。

 

けど、ゆききちは“ 最後の勝負どころ ”で発動させるよう調整したい。
チーム全体のスタミナも激減するので、、、この辺りは想定内っす。

 

守備KPと相性を考えながら、“ 勝負の時間 ”に設定するのが理想かなぁ~~って感じっす。
最強チーム構築に向け、もっと鍛錬を続ける必要がありそうです。