コラム

レギュラースカウトの確率!フッティスタ2020第8弾・第9弾の排出率を分析

 

ども、ゆききちです。
フッティスタ2020終盤に差し掛かってきましたが、排出率の算出に初挑戦っす。

 

今回の対象は、フッティスタ2020第8弾・第9弾のレギュラースカウトです。
えっ?Jリーグ選手排出されてないから意味ないって?

 

あえて、そこを狙ってみましたw
完全主観ですがいろんな分析も織り交ぜているので、少し長くなるかもしれません。

 

では、いきます!

 

 

レギュラースカウトコンプまでにかかったリアルマネーの実態って?

 

単刀直入に、第8弾・第9弾のレギュラースカウトコンプまでに、どのくらいリアルマネーを要したか?ってことっす。
んで、レギュラースカウトに投資した総額が、

 

9,300円

 

想像してたより安価でフィニッシュしました。
ちなみに、今回算出した費用は

 

  • サテライトのスカウト
  • ターミナルのスカウト

 

両方のスカウトを加味した金額になってます。
なお、プレミアムスカウトはカウントしてませんが、恐らく総額で12,000円くらいの投資になっていると思います。

 

 

フッティスタ2020第8弾・第9弾レギュラースカウトの排出率公開!

 

投資総額の次は、待望の排出率の計算です。
レギュラースカウトコンプまでに回したクレジット数は、“ 93回 ”。

 

んで、ランク別の排出率は下表の通りです。

 

カードランク 排出率
★★(星2) 16.1%
★★★(星3) 54.8%
★★★★(星4) 22.5%
★★★★★(星5) 4.30%
★★★★★★(星6) 2.15%

 

カードコンプリートしたタイミングで計測終了です。
連続排出ではなく、重複排出された選手もカウントしていますので要注意。

 

 

マラドーナ、デ・ブライネ排出はどのタイミング?

 

フッティスタ2020第8弾・第9弾で最大の目玉カードとされる

 

  • ディエゴ・マラドーナ
  • ケビン・デ・ブライネ

 

両選手が排出されたタイミングを調べてみました。
ゆききちが今回調査対象に使ったAimeでは、

 

  • ディエゴ・マラドーナ … 54クレジット目( サテライトで排出 )
  • ケビン・デ・ブライネ … 93クレジット目( ターミナルで排出 )

 

という結果に。
フッティスタ2020シーズンを通してクレジットを回してきた感覚でお話すると、

 

想像より安価でコンプできたなぁ~~

 

っていう印象です。
アタリAime選定されてたのかな?

 

 

アタリAime、ハズレAimeは存在する?

 

まことしやかに噂される、アタリAimeとハズレAime。
実際に、Aimeによって当たり判定やハズレ判定されるのか?個人的な観測です。

 

何を持って“ アタリ・ハズレ ”を判定するかは疑問ですが、ゆききちの認識は、Aime毎の判定は“ ある ”と感じてます。
ただ、フッティスタではスカウトで一定額投資すればコンプできるような仕様で動いているので、

 

  • 星6選手排出のタイミング
  • ラストに指定された選手排出のタイミング

 

この辺りの“ 差 ”だと認識しています。

 

 

星6選手排出率“ 2% ”、50回に1回本当に排出されるのか?

 

今回の分析では、最高レアリティ(星6)選手の排出率は“ 2% ”と算出されました。
この計算で課金すると、50回課金で1枚星6選手が排出される計算になります。

 

で、ゆききちの場合は、

 

  • 54クレジット目にマラドーナ排出
  • 93クレジット目にデ・ブライネ排出

 

誤差の範囲ですが、一応計算通りに。
ただ、連続排出での検証ではないので言い切ることが出来ないのが玉に瑕。

 

 

妄想レベルで考えるレギュラースカウト攻略法

 

完全に妄想というかネタレベルのお話ですが、レギュラースカウト攻略法を経験から分析してみます。
ポイントは3つ。

 

  • どの配列表に振り分けられるかがポイント
  • 日毎に配列表はリセットされる
  • 未所持( 未引き )の選手カード排出率は高い

 

プレイヤーができることは、プレーする日を変えることくらい。
あとは、運次第かな?

 

ゆききちの場合、10クレほどスカウトに投資してみて反応が悪ければ別の日にスカウトします。
経験と、SNSなどの反応を見てると最初の5クレジットまでが熱い( 高レアリティカード排出 )のかなぁ~なんて。

 

 

重複排出の選手は悩まずチケット化がマスト

 

問題は、スカウトが終盤に差し掛かってくると重複する選手が多く排出されてしまうこと。
第8弾・第9弾ではJリーガーの排出はありませんでしたが、それでも不要な選手は多く排出される。

 

ゆききちは、とにかく“ カードコンプ ”が目的なので、重複選手は躊躇なくチケット化でした。
理由はもちろん、

 

  • プレミアムスカウト用
  • ターミナルでのレギュラースカウト用

 

の2つの用途です。
2020Ver.では同じ手法でスカウトを生き残ってきたんですが、基本的に

 

  • 星5以上の選手 ⇒ プリント
  • 星4以下の選手 ⇒ チケット化

 

の流れっす。
賛否両論あるとは思いますが、シーズン後半に向けた

 

  • ゴールド稼ぎ
  • 星6選手獲得

 

この目的を達成するために、もったいないと思いつつも感情は捨て去りましたw

 

 

フッティスタ2020カードコンプしてみて

 

プレイヤーズサイトの“ EXTRA限定スカウト ”は思案中でチャレンジしてないんですが…
2020Ver.のレギュラースカウト、プレミアムスカウトをコンプして巷にあふれる都市伝説について思うことを少し。

 

  • サテライトよりもターミナルのほうが( 逆もあり )高レアカードの排出率が良い
  • 着席するサテライトによってカード排出率がことなる

 

などなどありますが、ゆききちはさほど重要視してません。
着席する席はいつも同じ指定席だし、ターミナルスカウトでは“ J戦士 ”ばかり排出される(涙)

 

唯一、滑り込みでデ・ブライネがターミナルで排出されましたが、それ以外の星6はすべてサテライトでゲットっす。
まぁ、どちらが良いかは監督さんの決断次第になりますが、公式は同じスカウトシステムで運営してるはずだし( と信じたい )。

 

 

2020Ver.は情報配信を主としスカウトしてきましたが、2021Ver.では少しスタイルを変えてチーム運営してみたいと考えています。
今回の企画が好評なら、フッティスタ2021稼働後も継続していきたいと思ってますw