攻略

デュエル+ホットライン重視ボタン最弱説

 

ども、ゆききちです。
巷では、デュエル最強説が囁かれてますが、真っ向から批判する企画っす。

 

もちろん、デュエルの強さは間違いないですが。
取り扱いを誤ると、最弱説になるというお話です。

 

条件として、テンプレート化する“ 5-3-2 ”で戦っていることが前提でのお話なのでご注意ください。

 

では、いきます!

 

 

デュエル+ホットライン重視ボタン( 上キー )押し最弱説

 

上キー長押しドリブルは、フッティスタ2020になって威力が半減した印象です。
ゴールに向かって直線ドリブルは健在。

 

ただ、ドリブルで必要な2つの能力が失われます。

 

  • ドリブルスピードの鈍化
  • デュエル能力の無力化

 

深刻な問題っす。

 

 

ドリブルスピード( アスリート能力 )の鈍化

 

体感レベルですが、上キー長押しドリブルはスピードが顕著に削られている印象です。
大きな括りだとアスリート能力が大幅に低下してるんだろうな?って感じ。

 

相手ディフェンスに追いつかれるシーンが散見され、攻撃の芽を摘まれてしまうシーンも多々。
2019Ver.のように長押しドリブルで、守備陣を粉砕というシナリオは使えなくなっているのかもしれません。

 

 

デュエル能力の無力化

 

ゆききち個人的には、これがいちばんの問題です。
上キー長押しで直線的なドリブルに移行しますが、その時点でデュエルの特徴を活かした動きが封印される。

 

ただ、ひたすらまっすぐドリブルするだけなんです。
そのうえアスリート能力が低下されるため、相手からボールを奪われるシーンを散見されます。

 

リーグ戦で上キー長押しドリブルで5人抜きとか、難しいっす。
逆に、スキル発動してAIに任せたドリブルの方が、6人抜きやってくれることもあるので、そっちに期待っす♪

 

 

デュエルの効果を最大限に活かすスキルコンボの繋げ方

 

なんか、壮大なタイトルをつけてしまったけど。
繋げ方は、普通です。

 

3人の選手をデュエルが発動するようにホットラインを設定する。
ポイントは、2人目の選手が“ ドリブルのスキルを持っていること ”が重要っす。

 

 

2人目に繋いだ選手にボールを預けゴールに迫る!

 

3人の選手で繋いだホットライン。このホットラインで2番目に位置する選手( ドリブルスキル持ち )にボールが配給された時が攻撃のチャンスです。

 

ボールを受けた後に、ドリブルをスタートしたらリーチです。
あとは、誤操作や相手監督との駆け引きに負けない限り、高確率でゴールが奪えるかと。

 

GKの超スーパーファインセーブは別として。
2人目の選手の役割は、戦術的に2つある。

 

  • 相手最終ラインの押し上げ
  • DF間の隙間を狙ったドリブル

 

どちらかがセオリーです。

 

 

相手最終ラインの押し上げを待つ

 

ゆききちの鉄板です。
中盤でボールを保持し、前線を積極的に動かしスペースを見つけてラストパスを供給する。

 

ガンガン得点決まります。
ただ、長時間タメを作ることができないので、カード移動は異常なほどのスピードと決断力が必要っす。

 

なお、最後のパス出しは上キー長押しで3番目に繋いだCFに供給しゴールを狙うという戦術です。
この戦術は、CFのスキルを選ばないので、前線にスピードスター持ちの選手とか持ってくると面白いかもしれないですね。

 

 

DF間の隙間を狙ったドリブル

 

どんなに強固に構築した最終ラインでも必ず綻びがある。
そう、これはその綻びを狙ったドリブル突破です。

 

巷では、“ 5-3-2 ”が大流行中でテンプレート化してますが、5バックでも選手が動いて守備をするタメ“ 穴 ”は見つかる。
ここでも取り組むのが、ホットラインで2番目に設定された選手のドリブル突破。

 

一般的には、“ SS ”の選手にボールを預けて様子を伺うというのが鉄板。
この鉄板選手をゴール前まで侵入させて、得点を狙うっていうシナリオっす。

 

この戦術を完成させるには、最トップに位置どりをするCFの存在が必要不可欠。
相手監督さんが、CFにマンマークをつけてくれたら得点のチャンスです。

 

ただ、ここでも上キー長押しドリブルは使用しません。
選手に設定されたAIのドリブルだけで突破します。

 

止められねぇか?
と思った監督さん多いと思うんですね。

 

ただ、モーゼの十戒の如く誰も防がないスペースができてるので、そこを走っていくだけなんです。
ただただ、走っていくだけ。

 

周囲からのプレを感じれば、CFのポジショニングを見ながらパス出してもよし、シュート打ってもよしって感じです。

 

 

AIドリブルは使える!上キーはパス出しに専念させても良い

 

AIドリブルが使える代物に仕上がってきたので、上キーの操作の概念が大きく変わってきた。
ゆききちは、

 

  • パス出し
  • ゴリドリ

 

この2つを愛用中。
特に注力して使ってるのは、パス出し。

 

2019Ver.で大流行したマニュアルパス。
あれに近い形です。

 

ただ、ホットライン構築時に3選手を絡めてライン構築しているので、“ 押すか押さないか ”というレベルです。
ホットライン終点の選手がフリーになれそうなタイミングを見計らって上キー長押しって感じ。

 

パスが出て、足元に収まればゴールチャンス!
実際に得点奪えると、ホットラインの構築と戦術は正解だったんだな!って。

 

 

ゴリドリもまだまだ捨てたもんじゃない

 

一貫して、ゴリドリを否定するようなことばかり書いてきましたが、実はそんなことありません。
ゴリドリも使い方次第で、まだまだ有用な戦術の一つです。

 

ただ、2020Ver.のゴリドリは、どの選手が使っても同じ恩恵が受けられるようなものではなくなってます。
フッティスタ2020第1弾現在で、パワーモンスターだけ恩恵が受けられることを確認。

 

経験値稼ぎでルカクを使ってますが、うちのチームでは彼だけです。
ゴリドリを体現させているのは。

 

ルカクはルカクで強いw
ポストプレイでロングボールを受け、フィジカル能力を活かしたドリブル突破は恐怖でしかないと思います。

 

特に、試合終盤のガス欠状態の時に元気いっぱいのルカクを投入したら、無双状態っす。