攻略

フッティスタおすすめ選手調査!エリア大会決勝から見る最強カード探し[ 決定版 ]

 

ども、ゆききちです。
フッティスタ2019終了目前でおすすめ選手決定版の紹介っす。

 

本当は、2019年末にシェアさせていただく予定だったんですが。
集計に手間取ってしまって( ;´Д`)

 

言い訳ですw
では、いきます!

 

 

フッティスタ2019おすすめ選手

 

一応、集計ルールのご説明です。
以下の条件で起用された選手を集計。

 

SEGA公式YouTubeチャンネルにアップロードされた各エリア大会決勝

 

ゆききちの使用感や主観ではなく、全国高いに出場する監督さんが実際に使い込んだ選手を

 

おすすめ選手

 

として、このページでは紹介しています。

 

 

GK編

 

GK編っす。
折り返し地点では、“ アルフォンス・アレオラ ”がトップ使用率でしたが、エリア大会終了後のトップ使用率は、

 

アルフォンス・アレオラ( 19/66 )

 

変動はありませんでした。
ちなみに、2位以下トップ5は

 

  • ジャンルイジ・ブッフォン( 10/66 )
  • ジョー・ハート( WCCF )( 7/66 )
  • ボイチェフ・シュチェスニー( 5/66 )
  • サミール・ハンダノヴィッチ[ WCCF ]( 5/66 )

 

といった感じ。
監督の色が色濃く反映されたポジションのような気がします。

 

 

DF編

 

注目のDF編っす。
まずは、CB編から紹介です。

 

CB編

 

折り返し地点では、

 

  • コンスタティノス・マノラス
  • フィルジル・ファン・ダイク
  • セルヒオ・ラモス

 

この3選手が上位を独占。
最終結果は、

 

  • コンスタティノス・マノラス( 54/66 )
  • セルヒオ・ラモス( 33/66 )
  • フィルジル・ファン・ダイク( 26/66 )

 

変動なしっす。
4位以下4選手は、

 

  • チアゴ・シウバ[ WCCF含む ]( 14/66 )
  • アレッサンドロ・ネスタ( 11/66 )
  • ジョルジョ・キエッリーニ( 8/66 )
  • サミュエル・ウムティティ( 8/66 )

 

キャプテンシー&ペナルティエリアブロックいずれかの選択になる様子。

 

 

SB編

 

折り返しでは、

 

左サイドバック

  • アレックス・サンドロ

 

右サイドバック

  • サンティアゴ・アリアス

 

という結果でした。
最終結果は、

 

左サイドバック

  • アレックス・サンドロ( 44/66 )

 

右サイドバック

  • サンティアゴ・アリアス( 28/66 )

 

変動なし。
サイドバック選手分布は広がりが少なく一極集中って感じ。

 

次点には、

 

左サイドバック

  • フィリペ・ルイス( 23/66 )

 

右サイドバック

  • ファンフラン( 25/66 )

 

といった感じ。
戦術的要因もあると思いますが、SBはこの4選手の中から選ぶのが鉄板になるのかも。

 

 

MF編

 

ポジションの組み合わせで色々な形が考えられるのが中盤というポジション。
ただ、フッティスタではコスト80、2〜3選手を配置するのが鉄板の様子。

 

ポリバレントな選手も多いので、使用率トップ3を紹介したいと思います。
ちなみに、折り返しでは、

 

  • レオン・ゴレツカ
  • アマドゥ・ディアワラ
  • マルコ・パローロ

 

3選手。
最終結果では、

 

  • レオン・ゴレツカ( 46/66 )
  • アマドゥ・ディアワラ( 23/66 )
  • ミラン・バデリ( 18/44 )

 

この3選手。
エリア大会途中に弾変わりもあり、選手起用が最も影響受けたポジションかも。

 

4位以下の3選手は

 

  • ハビ・マルティネス( 8/66 )
  • トーマス・デラネイ( 6/66 )
  • ヨウジロウ・タカハギ( 6/66 )

 

コスト70や80の優良選手が多く起用されてる印象。
ちなみに、コスト100以上で起用されてた選手は、

 

  • ダニエレ・デ・ロッシ( 6/66 )
  • スティーヴン・ジェラード( 4/66 )
  • ブレーズ・マテュイディ( 3/66 )

 

こんな感じ。
中盤には多くの優良選手が排出されてますが、フッティスタの戦術上あまり重要視されていない印象です。

 

 

FW編

 

注目のFW編っす。
折り返し地点では、

 

フッティスタ

  • ガブリエル・バティストゥータ

 

WCCF

  • クリスティアーノ・ロナウド
  • ロナウド
  • ペレ

 

がランクイン。
エリア大会終了後の集計結果は、

 

  • クリスティアーノ・ロナウド[ WCCF ]( 36/66 )
  • ロナウド[ WCCF ]( 20/66 )
  • バティストゥータ( 17/66 )
  • ペレ[ WCCF ]( 17/66 )
  • シェフチェンコ[ WCCF ]( 10/66 )
  • ティエリ・アンリ( 7/66 )

 

前線の組み合わせ次第で起用する選手は無限だと思うので、上位6選手をリストアップ。
フッティスタから2選手、WCCFから4選手選出されることに。

 

使用率トップのC・ロナウドは、前線からサイドまでポリバレントな起用。
2トップは、ロナウドを軸にC・ロナウド or ペレ or シェフチェンコといった印象っす。

 

 

おすすめ選手集計してみて

 

CP4400前後をウロウロする底辺監督ゆききちですが、ペレ以外全選手使ってました。
主観ですが、概ね納得できる集計結果になってw

 

答えあわせ

 

できた感じっす。

 

  • サイド攻略でクロスゲー
  • 中央ゴリ押しでマニュアルパス → ダイレクトミドル

 

どんな戦い方するかで起用する選手に違いも。
ただ、カード収集大変ですが、今回紹介した選手を並べれば、そこそこの勝率残しそう。

 

もちろん、監督さんのスキルは勝率に大きく関与しますが。
ゴールド稼ぎのカップ戦ループなら、

 

  • コストコントロール
  • 操作ミス

 

失敗しなければ、勝率9割も夢ではない!かな?

 

フッティスタ2019閉幕直前です。
第8弾で修正加えられた選手も複数いるので、全幅の信頼を寄せられないのが玉に瑕ですが参考程度になるかもですw

 

 

1 2